調べてみると意外に奥が深い?結婚祝いの花についての豆知識について詳細に解説

当サイトでは調べてみると意外に奥が深い、結婚祝いの花についての豆知識について詳細に解説しています。
ウェディングのお祝いに華やかなギフトを贈りたい場合にはぜひ参考にしてください。
結婚のお祝い贈る時のメッセージには、忌み言葉や重ね言葉や句読点は使わないのがお勧めです。
アレンジメントにして結婚の祝いに贈ることで、式場が華やかになることもあります。
持ち込みが可能な場合には、式場に届けるといった方法も考えられます。

調べてみると意外に奥が深い?結婚祝いの花についての豆知識について詳細に解説

花を結婚祝いに贈りたいけれど、マナーが心配だという人もいるのではないでしょうか。
結婚のお祝いの新郎新婦にお花を贈る時には、お祝いに相応しい花を選ぶのがポイントです。
仏事に用いることの多い菊は使用しないようにすることが大切です。
また香りの強い花は、狭い室内に飾ると苦痛になることもあるため飾る場所を考えて選ぶことをお勧めします。
香りが強い花は好みが大きく分かれることがあるので、好みが分からない場合には避けた方が無難です。

結婚祝いに花を贈る場合の相場は関係や立場によって異なる

結婚祝いに何か贈りたい、と思う場合とても悩むものですが新郎新婦双方に喜ばれるものと言えばやはり花束です。
花畑でもいいですしかごに入れたアレンジメントでもきっと喜ばれるに違いありません。
しかし気になるのは、「どのくらいの予算で送ればいいのだろうか?」ということではないでしょうか?実は相場金額は関係や立場によって異なる、というのが結論です。
例えば贈る相手が友人や知人であれば3千円から5千円程度でも十分可愛らしいアレンジが出来ますが、相手が上司やお世話になった取引際の方となればもう少し豪華で大きなほうがいいかもしれません。
8千円から1万円の予算で、お願いするならかなり豪華で華やかな花束が出来ます。
もちろん無理して高いお花を贈らなければいけない、というわけではありません。
一番大切なのは結婚を祝福したいというきもちです。
贈る際にメッセージカードや短い手紙などを添えるなら一層喜ばれるに違いありません。

結婚祝いで花を贈る場合のタイミングとしてはいつが良いのか

結婚式に出席する場合、結婚のお祝いとしてご祝儀を持参します。
ですが出席できない時は新しい門出を祝ってギフトをお贈りすることが多く、何を贈るか悩んでしまうこともあります。
ギフトとして人気が高いのがお花です。
結婚祝いのお花は大変華やかであり、サムシングブルーを意識したブルー系統のものはとても喜ばれます。
生花で贈ることが多いのですが、タイミングやマナーを考える必要があり、自宅に贈る場合は結婚式の1ヶ月前ほどを目安とすると良いでしょう。
その際は新郎新婦に事前に連絡をし、引っ越しなどの予定の有無を確認することが大切です。
結婚式場に郵送する場合式の1週間前には式場に連絡をし、お花を贈っても良いのかを確認します。
式場によっては受け付けないこともありますし、さらに式場の雰囲気が変わってしまうこともあります。
そのため連絡をせずに贈るのは避けたほうが良いでしょう。
式場に贈る場合も新郎新婦に許可を得ることが大切です。

結婚祝いで花を贈る場合手渡しまたは発送のどちらがよいか

親しい友人の結婚祝いにお花を贈る場合、どのようにしたら良いのか悩むことがあります。
フラワーギフトはとても華やかであり喜ばれるものの一つですが、手渡しの方が良いのか発送をしても良いのか悩み、つい他のものを贈ってしまった、ということも多いです。
一般的にお花を贈る場合、手渡しでも発送でも構いません。
どちらでもよいのですが、どちらの方法も必ず相手に連絡をすることが必要となります。
お花を発送した場合、相手に知らせておかないと受け取りをする前に花の状態が悪くなる可能性もありますし、結婚式後旅行に行った場合はきれいな状態を堪能する時間が短くなってしまい、楽しむことができません。
また手渡しも引っ越しを考えている場合は荷物が増えることにつながってしまうほか、結婚式前に贈る場合はやはり忙しさから楽しむことが難しくなります。
そのため結婚祝いでフラワーギフトを贈る場合は、どちらでもよいですが相手の都合をきちんと聞き、あらかじめ連絡しておくことが大切です。

花の結婚祝いを贈るあて名は誰にするべきか

友人や知人が愛する人と生涯を共にするということを聞くととてもうれしいもので、すぐに何か贈ってお祝いしたいと思うものです。
お祝いに喜ばれるものはいろいろありますがそんな中でも最も喜ばれるものと言えば、やはりお花です。
お花は花束で送るのも良いですが、そのまま家に飾ることが出来るのはかごに入ったアレンジです。
愛らしい女性であればピンクを基調としたものがおすすめです。
最近はミニマスコットも一緒につけてもらえますのでつけてもらいましょう。
では、結婚祝いに花を贈る際にはあて名は誰にすべきなのでしょうか?それは、新郎新婦の2人です。
贈る友人が新婦で新郎とは面識がないという場合での新郎新婦の2人の名前をあて名に書くべきなのです。
二人のあて名にすることで、二人に喜ばれますし夫婦であることを認めているという意味にもなるからです。
それで、結婚祝いにプレゼントをしたいという場合には新郎新婦2人の名前をフルネームで教えてもらうことは大切です。